兵庫県は23日、神戸市中央区の神戸医療産業都市に隣接する場所へ2016年に移転する「県立こども病院」(神戸市須磨区)跡地の売却先を公募すると発表した。売却するのは約3万1000平方メートルの土地と、本館と周産期医療センターのなどの建物。24日から募集要項の配布を始めた。

 最低売却価格は税抜き22億8600万円で、兵庫県の売却後5年以内に病院として医療事業を再開することを条件とした。応募者は跡地の利用計画を県に提案し、学識経験者や地元団体の代表などで構成する「県立こども病院跡地処分検討委員会」が審査したうえで売却先を決める予定だ。16年7月中にも土地と建物を引き渡す予定。